江戸時代最大の風俗地域

江戸時代の遊郭と聞くと大体の人は吉原を想像するかと思われますが、江戸時代にはそれ以上に 発展している遊郭の地域があったそうです。ではそこはどこにあったのか?京都なのか?大阪のほうなのか? いえいえ、それらの地域でもありません。 では、どこにあるのかというと実は伊勢の古市というところが最大の遊郭であったのです。

なぜ、その地域に風俗店街が発展していったのかというと、江戸時代には伊勢参りというものがあったからであります。 古市遊郭の顧客は基本的には伊勢参りにきた農民などです。 伊勢参りは江戸時代の農民などにとっては一つの大きな娯楽であり、いける人も限られていて100人前後の村で伊勢への通行手形が出るのは2名ほどです。 選ばれた農民の人たちは、村中のお金を集めてもらって伊勢へ参拝するわけです。 そして、参拝後の余ったお金があったときには、「精進落とし」として遊郭を利用していたのでした。

もちろんその他の参拝客でも利用することはありますが、伊勢参りが庶民にも一般的に行われるようになってきたことが 伊勢の古市に江戸時代最大の遊郭を作ってきた経緯となったのであります。 ちょっと意外な事実だったのではないかと思われます。

日本の性風俗の歴史

江戸の吉原遊郭は明治になっても続き、官許を得た公娼が客をとっていました。警察では地図に「公娼」の空間を赤で囲み、「赤線」と言い、鑑札のない「私娼」、例えば夜鷹などの出没域を青で囲み「青線」と言っていました。吉原遊郭の定年は28歳で運好く生きていれば解放されますが、たいがいは「私娼」として生きたようです。

 

吉原の遊女は性病や梅毒、結核などで死ぬと、「人間なみに葬ると祟る」と言われ、犬や猫のように扱われました。近くの三ノ輪の浄閑寺の門前に大きな「投げ込み穴」が掘ってあり、遺体はそこに捨てられました。浄閑寺はそれを弔い、遊郭の組合から年単位でまとめて金銭を受け取っていました。

 

法律上は人身売買は禁止されていましたから、遊女たちは借金を返すための労働として本人の自由意思で鑑札を貰っているということになっていました。実質的には人身売買ですから、借金はなかなか返せないシステムでした。仲買人に多額の手数料を取られ、営業を始めても売上の75%が楼主に取られ、15%が借金返済に充てられ、残りの10%で生活しなければなりませんでした。そのなかから呉服代、化粧品代、洗濯代、湯銭などを出し、赤字となり、楼主から借金の追加をすることになるという仕組みでした。

 

病気になっても待遇はひどく、梅毒で髪が抜け落ちた遊女にカツラを被せて客を取らせたりしました。法律上は自由意思で遊女となったのですから自由廃業もできるはずでしたが、脱走した遊女が鑑札の登録の抹消の申請をすると、賄賂を貰っている警察は貸借関係の調査名目で楼主に連絡し、引き渡しまうという具合でした。

OTHER SITE

常連になればさらに楽しめる十三の風俗で遊んでみましょう。

 

本能丸出しで風俗に行って来いや

そうだ大阪の日本橋や京橋の風俗へ行こう、なんてふと思い立った事は男だったら一度はありますよね。特にエロい妄想とかをしていた訳じゃないのに、急に風俗店へ行きたい願望が湧いてくるのって不思議ですよね。もうそうなったら風俗に行くことしか頭の中には無い訳ですので、どんなに仕事が溜まっていようが友人の結婚式があろうが無視して風俗にダッシュするしか無いですよね。

それだけ風俗というものには男を狂わせるとてつもない吸引力があるって事で、外国製のサイクロン掃除機並みの吸い込み力があると思いますよ絶対に。掃除機といえばチ○ポを吸い込ませようとしてエライ目にあった経験があるんですが、全然関係ない話でしたねスミマセン。

とにかく大阪の風俗に行きたい衝動に駆られてしまったら絶対に行くべきであり、我慢なんてしたら精神的にも股間的にも宜しくないので本能に従うべきであると私は考えています。人間なんてちょっと知能が発達しただけの動物ですから、基本的には山に住んでいる猿と変わらないと思っていますので。欲望こそが動物を突き動かしている原動力であることは間違いありませんので、それに抗うってことは動物であることを否定することに他ありませんので、本能丸出し欲望丸出し結構じゃないですか。

大阪日本橋におけるホテヘル店の中で今特に話題となっているお店が『ドМな奥さん日本橋店』です!こちらのお店では最高のサービスを受けることができるんです!
■住所:大阪府大阪市中央区高津2丁目3−20 高津マンション407
■電話:06-4256-2399